SPECIAL SCREENING: ” FLYING BODIES “

FLYING BODIES

■ SPECIAL SCREENING

「FLYING BODIES」 2日間限定 特別上映

 

デザイナー三宅一生が企画した伝説的な公演「青森大学男子新体操部」を追ったノンフィクションフィルム 「FLYING BODIES」(中野裕之監督作品)の2日間限定特別上映を行います。約8 か月ぶりとなる東京での上映をお見逃しなく!

 

日程:
2014 年11 月1 日(土)・2 日(日)

時間:
19:30 ~(上映時間78 分) ※ 一般展示閉場後

場所:
BAtoMA information 会場
(表参道ヒルズ 本館 地下3 階 スペース オー)

ゲスト:
映画監督 中野 裕之

 

※ ご観覧の際は「場と間 vol.07」の入場チケットをご提示ください。
※ 当日11:00 から受付にて整理券を配布します。(先着90 名分)
※ 来場者多数の場合は入場を規制する場合があります。ご了承ください。

 

 

「FLYING BODIES」

昨年大きな話題となった「青森大学新体操部」公演は、たった1 夜限りの特別なイベントだった。演出家ダニエル・エズラロウの総合演出のもと気鋭のクリエイターが集結し、青森大学新体操部の選手たちと一体となった。集まった観客約3000 人は見た事の無いパフォーマンスに驚き、笑い、感動に涙した。止まらぬ拍手の渦、鍛え上げられた肉体とその身体表現で会場は至福の空間と化した。男子新体操の世界に新たな表現の可能性をもたらしたこの公演に向け、選手たち、そしてコーチ陣が何を感じ、何を考え、何に悩みながら日々練習に取り組んだのか?公演本番まで約3 ヶ月に及ぶ挑戦の日々を、中野裕之監督のカメラが追ったノンフィクションフィルム。(http://www.flyingbodies.jp

 

FLYING BODIES a Hiroyuki Nakano Nonfiction Film
中野裕之監督作品(78 分/ ステレオ)

出演: 青森大学新体操部
ナレーション: 豊原 功補
音楽: OPEN REEL ENSEMBLE
編曲: 畑中 正人
撮影協力:  キャノン株式会社、キャノンマーケティングジャパン株式会社、アクアジオグラフィック株式会社

©2013 FLYING BODIES 製作委員会